暑すぎるよ、ビリー

2007/5/25



つぶログという新しいサービスが始まったので、
試しにやってみた。コメント欄の下に表示されて
いる。

つぶやきを書いてブログに表示したり、ユーザー
どうしでつぶやきあったりできるらしい。つぶやき
あうって何なんだろう。ちょっとおもしろい。

コメントや意見のやり取りではなく、つぶやきあう。
必要だろうか。つぶやきってのは一人で言うから
つぶやきなんじゃないか。

人に見せたり返事をもらったりするものではない
気がする。 それを活字にしたらそれはつぶやき
ではないのではないか。

新しい時代のつぶやきの形なのかもしれない。
俺は時々気が向いたら、ちゃいちゃいつぶやい
ていこうかと思うけど、内容はたいしたことない
ものだからチラ見で十分。だってつぶやきだか
ら。

つぶやきシローは全く関係ありません。



有楽町のビックカメラに買い物にいった。パソコン
とアンプをつなぐオーディオケーブルを買った。

帰ろうと思いエスカレーターに向かったら、何やら
暑苦しい映像が流れていた。

最近気になっているビリーズブートキャンプのDVD。
3人の客が見入っていた。 爆笑したいのを我慢して
すうーっととおりすぎた。

ビリーは元軍人でDVDは50歳のときのものらしい。
50歳であの肉体。恐ろしい。汗がびちゃびちゃで凄
く暑苦しい。

ビックカメラに行ってもビリーが付きまとう。やっぱり
俺はブートキャンプするべきだなと確信した瞬間だ
った。

その後すぐ近くの三省堂書店へ。
誰かがサイン会をやっていたが、俺は誰かわからなか
った。けっこう人が並んでいたから有名な人なんだろう。

三省堂書店では買いたかった本の在庫がなかったので
歩いて丸の内の丸善書店へ行った。

脳科学者の茂木健一郎さんの「生きて死ぬ私」を買った。
茂木さんの著書の中で最も感動的な部分が載っている
と聞いたので読んでみたくなった。

買う前からその部分というのは、家族に関わる内容だと
いうことでだいたいどんなものかわかっていた。だから、
この本は母親にプレゼントしようと思って買った。

だいぶ遅くなってしまったが母の日ということで。 来月の
1日に弟の学校の何かの説明会があり、東京に来るので
そのときに渡すつもりだ。

それともうひとつ音声ファイルを入れたSDカードをあげる
予定だ。前にブログにも書いたが人間と服についての
講演ものだ。

とても面白かったし母親についても話がある。
感動的すぎるかもしれないなぁ。やばいなこれ。

母親はこのブログを読んでいないだろう。読んでいたら
サプライズがなくなってしまう。たぶん読んでないな。
URL教えてないしな。


それにしても雨のせいで電車の湿度が高くて暑かった。
[PR]

  by kota2007 | 2007-05-25 22:35

<< 麻疹について 朝日を浴びて >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE