ホムンクルス

2007/4/23



 久しぶりに新しいマンガを買った。
「ホムンクルス」というもの。

 ホムンクルスは脳科学でよく出てきて知っていたし、
1冊105円という安さにもひかれて買ってみた。

 頭蓋骨に穴を開けるという手術をして、
第6感が宿るかどうかというわけのわからない内容だ。

 面白いともつまらないとも言えないものだと感じる。
こういうマンガはあまり読んだことがないと思う。

 ジャンプとかサンデーに載るようなマンガも好きで読むが、
そういったものは面白いと言えるものだと思う。

 興味を持てるということでは、面白いということになる
けれども、ジャンプとかとは違う。

 

 マンガもそうだし、小説で文章に書かれていないこととか、
映画とか、絵画とか、音楽とか表現することは、
 絶対に言葉には表せないと思う。

 だから最近何とも言えないものに惹かれる。
言葉で説明を求めることはあまり意味がないことだと思う。

 ホムンクルスも買う前に少し立ち読みしてみて、
何これ、へんなマンガだなと思ったから買ってみた。

 人間って変なものが好きなところってあると思う。
いろんなマニアの人がいるし、わけわかんないもの
集めてる人がいっぱいいる。
 
 そういう人は自分の価値観を持ってる人なんだなと思う。
でも、マニアにはその世界でちゃんと評価されているもの
がある。

 もし世間から全く評価されていないものに、
ものすごい価値を感じたらどうするんだろう。

 おかしいと思うか、信じるかのどちらかしかない。
めったにそんなものには出会わないだろうけど、
もしかしたらってことがある。

 これって人にも言えることだと思う。
[PR]

  # by kota2007 | 2007-04-23 10:35

メモをとること

2007/4/21



 昨日は週1回の研究室での輪講をした。
1週間でやったことをみんなで発表する。

 先生と院生の研究内容も一緒に聞いて、
必要なところのメモをとる。

 2時間半くらいの時間だが、内容が非常に濃い
時間に感じる。

 1年間続けていれば自然と色々な知識が
ついてくると思う。

 
 メモをとるということについて考えたことがある。

 これは面白そうだとか、重要そうだなといったことについて
メモをとるわけだが、これは人によって内容が違ってくる。

 発表を聞いてその瞬間にメモをとることを決める。
瞬間的にそのことに興味を持つということだ。

 瞬間的に判断するということは、直感だということになると思う。
直感については、前にも何かブログで書いた。
 やっぱり直感というのは様々なところで、力を発揮しているらしい。

 
 輪講のときばかりでなく、普段の生活でも興味を持てることに
出会うことはよくあると思う。
 外を歩いていたり、電車に乗っていたりするときがそうだ。

 そういうときに、あっこれ忘れたくないと思う。
だからそんなときは携帯でPCにメールをしている。

 あとから見るとどこからメールをしたのか、
そのとき何をしていたのかなども結構思い出せる。

 記憶に対して目次をつけているような感じである。
[PR]

  # by kota2007 | 2007-04-21 09:29

悶々と

2007/4/20



 今日は非常に天気がいいみたいだ。
窓から日差しがガンガンに差し込んできている。

 引越しをしたのが2月で、窓も北東向きであまり日が
入らなくて、夏は涼しいかなと思っていたが、
そんなことはなさそうだ。

 こりゃあこれからの季節は朝から激アツだな。
地軸が傾いてるから、どうのこうのなって季節が変わる
って中学生のとき習ったな、たしか。

 
 地球なんて宇宙から考えたら、本当にちっぽけな存在でしかない。
太陽系だって銀河の端のほうで、くるくる回っているだけ。

 先週の輪講で何をやっているのかよくわからなかったが、
とてつもないスケールの計算をした。

 半径が25000光年で回転角が0.6分が、なんちゃらかんちゃら
言ってたな。

 扇形を考えて天体がどれだけ移動したか、計算しているらしい。
結果は4.3光年とのこと。そこだけ計算してもよくわからない。

 1光年は光が1年間に進む距離。ハンパない。
秒速30万キロメートルに、一年分の時間をかける。

 1年は、365(日)×24(時間)×3600(秒)だから、
31536×10^3(秒)ということになる。

 スケールがでかいというのは、人間が普段生活している
スケールと比較したときの話。

 物理ではスケールがよく問題になると思う。
数学ではスケールはあまり関係ない気がする。

 量子力学にしても、ものすっごい小さいスケール
での話で、信じられないことが起こる。

 でも、世界の本当の姿はそっちで、
人間はたまたまこういう大きさになっただけ。

 次元だってそうだ。人間は3次元で暮らしている。 
でも、世界はそれだけではない。

 こんなことをずっと悶々と考えていくんだろうな。
ポイントは悶々だな。悶々。
[PR]

  # by kota2007 | 2007-04-20 09:13

雨の中で考えたこと

2007/4/19



 最近は雨の日が多い。雨が降っているだけで、少しテンションが
下がるなんて人も多いと思う。

 雨が降るってのは完全に自然現象だから、
人間にはどうしようもないことだ。
 コントロールすることなんてまずできない。

 できることは気圧配置から予想することだけである。
天気予報は実は過去のことを言っているらしい。

 例えば、降水確率20%というのは、似たような気圧配置を
100個持ってきて、その中で20回雨が降ったことを表している。

 似たような気圧配置ってどんなんだろうと思うが、
残念ながら詳しいことはわからない。

 だから、降水確率0%の日でも雨が降ることがある。

 
 今日書きたいのは、こんな天気予報に関するプチ知識ではない。
書きたいことは昨日帰ってくるときに、駅から歩いていたときのこと。

 音楽を聴きながら歩いていたので、雨が傘にあたったり、
地面にあたったりする音が殆ど聞こえなかった。

 そんな状況で歩いていたら、一瞬雨が降っていることを
忘れたような感覚になった。

 雨が降っていることを認識するためには、聴覚の情報は
きっと重要な要素だからだと思った。

 人間は物を認識するとき、過去の経験とその物に対する
情報を一致させることをするらしい。

 例えば、プリンを食べようとしてスプーンで触れてみたら、
ガッチガチだったら、戸惑うだろう。
 これはプリンのサンプルかなと、別のことを考えなければいけない。

 雨が降っていることを認識するときは、
視覚と聴覚からの情報が大部分をしめていると思う。
 嗅覚、触覚、味覚はそれに比べ、あまり関与していない
ように思える。
 
 匂いは少しする時もある。味覚は皆無だろう。
あっでも触覚は以外と情報が多いかもしれない。

 手にあたったり、靴の中がぬれてきたりといったことがある。

 
 今日も雨が降りそうだから、また音楽で雨を
かき消してみようと思う。
[PR]

  # by kota2007 | 2007-04-19 09:08

誰が何を言ってもいい

2007/4/18


 友達のブログだけじゃなく色々見るようになった。
自分がブログをやっていると、他人がどういったものを
やっているのか興味がでてくる。

 その中の一つに日本では数少ない
"プロ"の陸上選手の為末 大さんのものがある。

 為末さんは侍ハードラーというニックネームで、
とっても人気のある選手である。

 
 株とか不動産などで資産運用をしていたり、
ブログでは政治について書いていたりと非常に
知的な感じをうける。

 為末さんもブログを読みに来る人は、
陸上のことを読みたいと思ってくる人が多いだろう。
 自分もそうであった。

 でも、陸上に関係のない記事でも読んでみて
面白い。

 自分が為末さんを知り興味を持ったのは、
もちろん陸上をやっていたからだが、
 それは陸上に限ったことではないと気づいた。

 為末さんという人間に興味があるということだ。

 今はいろんな有名人がブログをやっている。
その読者だってその人に興味を持っているんだと思う。

 国籍、人種、性別、年齢、職業など関係なく自由に
表現ができる。

 それがブログの良さの一つであると思う。

 
 
[PR]

  # by kota2007 | 2007-04-18 11:02

忘れぬうちに

2007/4/15



 今日は友達にバイクをあづけました。
引っ越した先に駐車場所がないのでしょうがないです。

 それがついさっきのこと。
しばらくお別れなので最後に乗って行こうと
思いましたが、酒を飲んでいたので、無理だと
いうことに気づきました。

 地元にいるといろいろと予定外のことが
入ってきて、非常にたのしいです。

 今からまた飲みに行きます。
日付が変わる前に更新をしておきたいので。

 地元に帰ったときは飲まないとしょうがない。
古い友達だからめちゃめちゃ楽しい。

 気合入れていきましょう。
[PR]

  # by kota2007 | 2007-04-15 23:43

故郷に帰る

2007/4/14



 昨日は学校に行った後に実家の静岡に帰った。
東京駅から新幹線で1時間ほどである。

 いつも富士山がだんだん大きく見えてくると、
帰ってきたんだなと感じる。

 昨日は夜8時に東京駅を出発したので、
大きな富士山は見ることができなかった。


 そして家に着いてから、夕食をとってテレビを見ていた。
たまたまやっていたのが中国の旧正月についてのこと。

 普段は上海に出稼ぎに来て、年に一度故郷に帰るという
人たちが非常に多い。

 その人たちの帰る手段は長距離バスだ。
他の交通手段に比べて、値段が安いらしい。

 上海にはアジア最大のバスターミナルがあって、
旧正月の利用客はピーク時で1日5万にを超える。
 300以上の路線があり1日に2000台近くバスが運行する。

 こういう規模になれば色んなトラブルが起こり、
臨時のバスが必要になる。
 その数がわずか数日間で1000台にもなる。

 
 日本人も正月には故郷に帰るが、全くレベルが違う。

 ターミナルはハンパじゃないエントロピーの中にある。
もうごっちゃごちゃとかいう程度ではすまない。

 中国はとってもとっても広いから、
乗車時間が10時間なんてのは特別ではない。
 1800Kmを3日間かけて行くバスもある。
日本とはスケールが違いすぎる。

 故郷の両親に電化製品を山のように買って
持って帰るという人がいた。

 そんなのバスにどうやって載せるんだよ。引越しじゃねえんだから。
とツッコんでおいた。

 引越しとまでは行かなくても、みんな大量の荷物を持っている。
ほとんどが食料品である。

 故郷に売っているものでも、上海で買って
持って帰ることに意味があるらしい。

 それだけ上海という都市は何かパワーを持っている
ように感じた。

 
 中国人はとてつもない精神力を持っているなと思う。
俺が中国で育ったら、あのようになるのだろうか。
 人種とか民族といった潜在的なものの差が感じられる。 

 前に勤めてたバイト先に中国人がたくさんいた。
平さん、催さん、孟さん、柳さん、金さん、温さん、ゴさん、
それと父親が日本人の高橋くん。

 いま考えるとみんな気が強そうに思えてくる。
今度いろいろ話を聞いてみたいと思う。


 中国の首相が日本に訪問して、こんな内容のことを言っていた。

 "これからの中国と日本の関係は、若い世代が作っていくもの"

 いい関係を結べたらきっと力強いことだろう。
[PR]

  # by kota2007 | 2007-04-14 18:06

無意識のうちに

2007/4/13


 今日から学校が始まるので、今までより朝早く起きて
テレビを見てみた。

 そうしたらとても興味深いニュースがあった。
それは、"人間は無意識のうちにお金のために動くことが
証明された"というもの。

 おい。うそだろ。と思ったし、今もそう思っている。

 それでも科学者たちが実験して、公表しているわけだから
本当なのかもしれない。
 当然だが科学者たちはバカではないはず。

 このことはきっとこれからたくさん取り上げられるだろうから、
注目していきたいと思う。

 
 お金は誰だってほしいと思うだろう。
でも、無意識のうちにお金のために動くと聞くと、
何か嫌な気分になる。

 表現の仕方の問題もあるんだろうけど、
自分も含めて人間がそんなことあるはずないだろと思う。

 お金のためだけだったら、違う選択をしてきただろうと
いう場面があるんじゃないか。

 すぐには思い浮かばないがきっとあるはず。
そこには意識が働いていたから、成り立たないのだろうか。

 とってもロマンがない実験をしているんだな。
本当に科学が好きな人が求めるような結果じゃないと感じる。

 この結果だって立派な科学からでてきたことは
間違いないだろう。

 でも、科学を志す人はもっとロマンがあって、
自然の中に美しい法則を見出したいとしている人たち
なんじゃないかというイメージがある。

 脳とか意識に関わる研究をしている人には、
信じたくないような結果を予想している人が多いのかも
しれない。

 人間には自由意志がないってのも聞いたことがある。

 自分が生きているうちには解明されないだろうけど、
何かもっと感動できるような結果になってほしいと思う。
[PR]

  # by kota2007 | 2007-04-13 09:51

知りたい

2007/4/12


 パスモが売れすぎて販売制限をしているらしい。
今は定期と併用できるものだけ販売しているとのこと。

 明日から学校が始まるから、俺も急いで買わないと
いかんな。定期もなくなるかもしれないという情報もある。

 やっぱどうせならパスモにしてみたい。
人間は新しいものが好きなのだ。

 好きというかどんなものだろうという関心や興味。
知りたいという欲求からくるのだろう。

 知りたいとか学ぶという欲求は無限大だ。
どんなにたくさんの知識を得ても、終わりはない。

 パスモにしてみても、パスモを所有することが嬉しいわけじゃなく、
"こういうものなんだな"とわかったことが嬉しいのではないか。

 気づいていないかもしれないが、
そういった学ぶという喜びは、日常の中にたくさんある気がする。

 トリビアの泉でもオープニングで
"人は生まれながらにして、知ることを欲する"
って確かアリストテレスの言葉が出てたと思う。

 知ることを欲してきたから、今の人間があるのかもしれない。
生命の不思議にせまるような深い言葉だと感じる。

 知りたいという欲求。
これは誰もが感じたことがあるはずだ。

 なぜ知りたいと思ってしまうのか。
自分に関係ないことでも知りたいと思ってしまう。

 知りたい=脳が求めている
脳の話になるとう~んと考え込んでしまう。

 脳トレなんかやめてもっと脳について、
本質的なことをあれこれ考えて、頭を悩ませたほうがいいんじゃないか。

 考えたって答えが出ない。そんなことはわかっている。
それでも人と語り合うことは、最高に楽しい。

 わからなくたっていいじゃないか。
そこにもきっと価値はあるはずだと思う。

 
 明日から卒業研究が本格的に始まると思う。
わからないことだらけなんだろうけど、
 期待のほうが大きい。

 宇宙づけの出来上がりだな。
[PR]

  # by kota2007 | 2007-04-12 13:23

少し鍛えてます

2007/4/11


 弟が腹筋や背筋のトレーニング用の台を
持ってきたので、使わせてもらっている。

 世界陸上がだんだん近づいてきたので、
それにあわせてテンションがあがってきている。

 そのせいもあり体に刺激を与えたくなることが多い。
サッカーや格闘技の試合を見た後は特にそうだ。

 それにしても本当に運動不足で筋力がガタ落ちしている。
少しやっただけで、すぐに腹筋がガチガチになって力が入らなくなる。

 それでも、うおらぁーっと気合を入れてついやりすぎてしまう。
そういう鍛え方をずっとしてきたからしょうがない。

 今は目指していることもないから、そんなにむきになって
やる必要もないし、第一長続きしない。

 でもやっぱり気がすまない。
これから気温もどんどん上がって激アツな季節が
始まるから、とりあえず服を脱いで鍛えてみようかと思う。

 家の中だけでしかできないから、全開さんのようにはいかない。
マジで彼はハンパねぇと思う。
 俺は全開とは程遠い半開きさんくらいだな。

 
[PR]

  # by kota2007 | 2007-04-11 21:01

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE